不動産管理会社とはなにか?

定期借家契約(リロケーション)

サブリース契約のメリットとは何か?

賃貸経営をするにあたって部屋の借り手がつくのだろうか?空室が出ないだろうか?と不安を解消してくれて、家賃保証をしてくれるのが「サブリース契約」になります。
これは管理会社が貸し出したい家を持つオーナーから、物件を借り上げて、それを入居希望者に貸し出すという方法になります。仮に誰も入居者がいなかったとしても、一定の家賃が支払われるということから、完全な無収入になってしまって困るという事を防ぐ事ができます。
もちろんそんなメリットだけではありません。借り手のつかないというリスクを防げるかわりに、管理会社がオーナーに支払う家賃は通常の8割ほどに設定されているのが普通です。また普通入居者が支払わなければならない、敷金・礼金等も管理会社の収入となります。

サブリース管理会社を上手に選ぶには

サブリース管理会社を選ぶ時のポイントは、いくつかあります。サブリースではさきほど書いたように、普通の家賃の8割ほどになるのが普通です。なので、その2割の金額が管理手数料に見合っているかどうか、きちんと見極めていく必要があります。何軒かのサブリース会社に見積もり(あいみつ)をとってみましょう。
またサブリース契約は空室でもオーナーに家賃を払わなければならないという、管理会社にとってもリスクのある方法なのです。ですからその管理会社がきちんと物件の管理を行い、しっかりとした経営を行っているかどうか、保有する管理物件数を知る事も大切なポイントです。
そしてサブリース契約は、契約期間中に保証料を減額されたりする可能性もなきにしもあらずです。契約内容をしっかり把握し、またその保証料の見直しの時期をきちんと確認しておきましょう。