不動産管理会社とはなにか?

賃貸経営者にはおなじみの不動産管理会社

定期借家契約の管理会社選び

急な転勤等で、持ち家や分譲マンションを貸し出す場合です。空き家のままではもったいないし、家を長期に渡って留守にすると家が傷むと言われており、いったん賃貸にして資産活用し、ゆくゆくはまたその家に戻りたいという人は少なくありません。リロケーションによる賃貸を考えている人は、またその家に戻りたいという気持ちや計画があるという事で、「大切な家を貸し出す」という気持ちの方が多いです。
また海外への転勤で遠くに転居しなければならなくなった時などは、管理会社にすべてお任せしなければならず、そのような大切な家を大切にしてくれる管理会社を選ぶべきです。このリロケーションだけを専門に請け負うという会社も多くあります。

普通借家契約の管理会社選び

賃貸契約の期間を特に設けないで貸し出す契約を「普通借家契約」といいます。この契約がもっとも一般的なのではないでしょうか。このタイプで貸す場合の、管理会社選びについて考えていきましょう。
まず不動産管理会社の主な業務は以下のようなものになります。
1、入居者募集
2、契約
3、家賃の集金
4、クレーム対応
5、建物の維持管理
これら不動産会社は多少またいくつかにわかれるのですが、入居者募集だけを行う「仲介専門会社」や、入居管理と建物管理だけを行う「管理専門会社」もあれば、仲介も管理もすべて対応可能な会社もあります。なので、不動産管理会社を選ぶ際には、仲介から管理まですべてを一社でやっていただける会社を選ぶか、もしくは仲介専門の会社と管理専門の会社の二社に頼まなければならないという事になります。