不動産管理会社とはなにか?

賃貸経営者にはおなじみの不動産管理会社

定期借家契約(リロケーション)だけを専門に請け負う会社も多いです。リロケーションで賃貸に出す場合、オーナーはほとんど遠方におり、またいつかその家に戻りたい気持ちがあるという事は、その家に思い入れがあるという事です。 なので、いつの日か戻る日のために、家を大事に扱ってくれる管理会社が良いと思います。

リロケーションについて

賃貸経営をするにあたって、どれだけ収益を効率よくあげていくか、またどれだけ住民に暮らしやすい家だと思っていただけるか?が、大変重要な項目となっています。そしてそれは不動産管理会社の選び方が重要なポイントであると言って過言ではありません。賃貸経営に初めて携わろうという人は、そんな大切である不動産管理会社を選ぶ際に、どのように選んだらよいか悩んでしまうでしょうし、そもそも不動産管理会社って何をしてくれるところなのだろう?管理を委託した場合、いったいいくらくらいかかるのだろう?と、疑問は尽きないことでしょう。
そんな謎に包まれた「不動産管理会社」の選び方について少しずつ考えていきましょう。
管理会社に管理業務を委託する際には、管理手数料というものが発生します。そしてその際の手数料は、家賃の5%が目安となっています。この手数料は管理会社ごとに違う金額となっています。この管理手数料でやってくれるところはどこまでか?しっかり確認をしておく必要があります。
管理手数料が高いと思われる方もいるかもしれませんが、仮に自分自身で物件の管理をする場合、家賃の集金や滞納対応についてや、入居者間のトラブル対応などについてまで自分で対応しなければなりません。そういったトラブル事の対応等も管理会社にやっていただけるのであれば、大変有難い事だと思います。

賃貸契約には主に三つの契約方法があります。
1、定期借家契約(リロケーション)
転勤等で一時的に貸したい場合。
2、普通借家契約
長期間化したい場合。
3、空室保障サービス(サブリース)
空室の心配をなくしたい人向け。

となっています。順番に詳しく見てみましょう。

定期借家契約(リロケーション)

定期借家契約(リロケーション)は、賃貸経営ではあるけれど、期間限定であるという点が大きなポイントになります。まず期間限定なので、素早く入居者を探せるネットワークを持っているかが大変重要です。どのように入居者を見つけているのか、またそのスケジュールについてなど確認する必要があります。

自分自身でも不動産管理について学ぶ

地元密着型の不動産会社に管理をお願いしながら、自分自身も不動産管理について学んでいくという手もあります。今現在はサラリーマンなど本業のある方も、ゆくゆくは自分自身で管理ができるようになれたら、それはそれで素晴らしい事だと思います。管理をしてもらいながら、その方法を吸収していきましょう。